Sun

19

Jan

2014

【愛と悲しみに溢れた世界遺産】タージ・マハルの魅力を知るための10の真実

【INTRODUCTION】

タージ・マハルがあるのは、インド北部のアーグラ。美しいその姿は白大理石でできており、左右対称の整った形状と相まって、何とも言えない洗練された空気を生んでいる。“イスラム建築の宝石”と呼ばれるのも納得できる。

1. タージ・マハルは霊廟としてつくられた

タージ・マハル、シャー・ジャハーン

左:ムムターズ・マハル 右:シャー・ジャハーン via Art n India

 

【FACT 1】

 

タージ・マハルの存在や名前は有名だが、実は霊廟としてつくられたことはあまり知られていない。(※霊廟:死者や先祖を祭る施設のこと。)ムガル帝国の王シャー・ジャハーンによって、亡くなった妻ムムターズ・マハルを思い建設された。つまり、シャー・ジャハーンによる妻を失った深い悲しみや愛情が込められたのが、タージ・マハル。

2. 世界中の技術が集約されたタージ・マハル

タージ・マハル、グーリ・アミール廟

ウズベキスタン、サマルカンドにあるグーリ・アミール廟 via Wikipedia

 

【FACT 2】

 

タージ・マハル建築様式には、イスラム、ペルシャ、オスマントルコ、インドの技術が集約され、さらにフランスの金細工師、イタリアの宝石工も加わっているほどで、込められた思いの強さが感じられる。建築の際には、現ウズベキスタン、サマルカンドにあるグーリ・アミール廟などが参考にされた。

3. 23年をかけて建てられたタージ・マハル

タージ・マハル

川の水面に反射するタージ・マハル(右奥:モスク) via zastavki.com

 

【FACT 3】

 

タージ・マハルの白いドームを持つ部分、つまり霊廟が一番知られているが、実際には、複数の建築物(モスク、来賓館など)の集合体としてできている。建築が始まったのは1632年で、完成は1653年。その期間は23年。(※1648年にメインの霊廟が出来上がり、その5年後に、周りの建物や庭園が付け加えられた。)

4. タージ・マハル建造に関わった1000頭のゾウ

タージ・マハル

ペイントが施されたゾウ via Scott Stulberg

 

【FACT 4】

 

タージ・マハルの建造に従事した技師や大工の数は、2万人以上にも及ぶ。さらに、1000頭以上のゾウが資材の運搬に使われた。

5. 黒のタージ・マハル

タージ・マハル

モノクロのタージ・マハル via The Planet D

 

【FACT 5】

 

シャー・ジャハーンは、タージ・マハルの川を挟んだ向かい側にもうひとつ、黒大理石製のタージ・マハルを建設しようとしていた。しかし、息子との抗争に破れことで、彼の計画が実現することはなかった。

6. 変わりゆくタージ・マハルの色合い

タージ・マハル

夕日に輝くタージ・マハル Via Funny Photos

 

【FACT 6】

 

タージ・マハルの色は、時間帯によって変化する。朝には明るいピンク色、昼には柔らかい白、夕方には輝くような黄金に。この色の変化は、女性の心(特に王妃)の移り変わりの早さを表していると言われている。

7. シャー・ジャハーンの強すぎる思いと悲しみ

タージ・マハル、シャー・ジャハーン

夕日に輝くタージ・マハル Via Wikimedia Commons

 

【FACT 7】

 

ムムターズ・マハルの死に直面したシャー・ジャハーンはひどい悲しみにくれた。そのとき彼の髪の毛の色は、数ヶ月のうちに真っ白になってしまったというほど。さらに、シャー・ジャハーンは国民に対して2年間の服簿(死者の冥福を祈り、外出などを控えること)を命じている。

8. タージ・マハルにある自己の複製という発想

タージ・マハル

上空から見たタージ・マハルの霊廟 Via Think twice relaunched

 

【FACT 8】

 

タージ・マハルの4面全てが、鏡を写したように同じ姿をしており、その幾何学模様は、自己の複製という発想が含まれている。

9. 17万平方メートルの世界遺産タージ・マハル

タージ・マハル

タージ・マハルとその周辺 by Rich Harris

 

【FACT 9】

 

1983年に世界遺産に登録されたタージ・マハルの範囲は広大で、庭園やモスク、迎賓館などを擁している。全ての総面積は17万平方メートルにもなる。

10. タージ・マハルの失われた宝石

タージ・マハル

タージ・マハルの外壁と老人 by Frans Devriese

 

【FACT 10】

 

1857年〜1859年に起きたイギリス人支配に対するインド大反乱の際には、イギリス人によってタージ・マハル壁面の宝石が大量に奪い去られてしまった。

タージ・マハルの全体図

タージ・マハル

一番右から:川、霊廟、庭園、入り口の門 via Tuk & Tum

タージ・マハルにあるモスク内部の様子

タージ・マハル

モスクの内部 via powertripberkeley

タージ・マハル霊廟内に安置された墓

タージ・マハル

ムムターズ・マハルの墓の横には、シャー・ジャハーンのものが via Wikipedia

タージ・マハルで礼拝を行うイスラム教徒

タージ・マハル

タージ・マハルの敷地を埋め尽くす人々 via Sulekha.com

『タージ・マハルの建造と秘密』ナショナル・ジオグラフィック(ENGLISH)

→ゾウなどを動員して行われた建造の規模を視覚的に理解するのに便利な動画

3DのGoogle Mapでタージ・マハルを概観する

→タージ・マハルの建造物の位置関係を大まかに掴むのに便利な動画


“へぇ〜”と思ったら、Like!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい記事のピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

参考

- 10 Interesting Facts about Taj Mahal

- Taj Mahal, Wikipedia

- Gur-e Amir, Wikipedia

- 『世界遺産学検定』講談社

 

 




HOME



TARVEL TIPS



PLACES TO SEE



WORLD NEWS



PROFILE

YOSO-Walkの公式Facebookページ

“Facebook経由で最新記事がお読み頂けます。アップデートを簡単にチェックしたい人にオススメです。”

YOSO-Walk代表

YOSO-Walk代表:Shunya Ohira(Google+)

  • Baker
  • Blogger
  • Investor
  • Merchant
  • Travel Hacker

・・・プロフィールの続き

follow us in feedly

オトクな情報

“Twitterでは、海外のニュース、起業目線のビジネス、暮らしを快適にするちょっとしたネタなどをつぶやいています。”


絶対訪れたい旅の目的地・・・素晴らしい旅の目的地が盛りだくさん。

 

海外旅行のあれこれ・・・海外旅行をする上でのノウハウなどをまとめています。

 

海外の気になる話題・・・海外で起きている興味深い話題を扱います。

 

関連サイト・・・YOSO-Walkの姉妹サイトや、他の旅を愛する方々のサイトを紹介しています。

 

CONTACT・・・お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

PROFILE・・・YOSO-Walk代表のプロフィールです。