Mon

20

Jan

2014

【アフリカを見て周ろう】アフリカを観光するなら必ず体感したい6つの絶景

【INTRODUCTION】

アフリカを訪れるなら、見逃したくない必見の観光スポット。不思議な形状の教会やモスク、地球を感じることができる壮大な景色や、好奇心をそそる不思議な地形。意外と知られていない穴場から、定番の人気スポットまで、6つの場所をお見逃し無く!

1. ラリベラのギョルギス聖堂The Church of St. George, Lalibela, Ethiopia

ラリベラのギョルギス聖堂

ラリベラのギョルギス聖堂 via eidolon films

ラリベラのギョルギス聖堂

一枚岩からつくられたラリベラのギョルギス聖堂 via Legado Digital

ラリベラのギョルギス聖堂

ラリベラのギョルギス聖堂下部 via Irish Archaeology

 

【The Church of St. George】


ギョルギス聖堂があるのは、東部アフリカ、エチオピア共和国北部のラリベラという町。ここには、11の教会が、大きく二カ所に分かれて存在しており、まとめて世界遺産に登録されている。その中でも最も美しい外観を誇り、“世界8番目の不思議”(参考:Eighth Wonder of the Worldにも選ばれているのが、このギョルギス聖堂。地面に“建てられた”かのように精巧なたたずまいをしており、地盤を削ってつくられたとは信じられない。

 

このギョルギス聖堂は12世紀に、第二のエルサレムを目指し建造された。当時、エルサレムを支配するのはイスラム教であり、これをよく思わないこの地の王ラリベラ(この地の地名にもなっている)が指揮をとり、教会群が建造された。その方法が、地面(溶岩質の岩石)に聖堂の屋根となる部分をつくり、そこからどんどんと掘り下げていくというもの。

 

現在でも聖なる場所として崇められ、地下に巡らされた通路を通り、多くの巡礼者が訪れている。

『エチオピアにある一枚岩の教会』Part1(ENGLISH)

『エチオピアにある一枚岩の教会』Part 2(ENGLISH)

『エチオピアにある一枚岩の教会』Part 3(ENGLISH)

2. トンブクトゥTimbuktu, Mali

サハラ砂漠の真ん中にある町、トンブクトゥ

サハラ砂漠の真ん中にある町、トンブクトゥ via Saut Sagala

サハラ砂漠の真ん中にある町、トンブクトゥ

トンブクトゥのサンコレ・マドラサ by raja

 

【Timbuktu】


西アフリカ、マリ共和国のニジェール川を北に20km行ったところにある町が、トンブクトゥ。サハラ砂漠に位置する町、トンブクトゥは世界遺産に登録されており、それを可能にしたのが独特の建造物がつくりだす景観と、栄光の歴史。

 

この町の一番の見どころは、サンコレ・マドラサ。このマドラサという言葉は、アラビア語で「学校」や「大学」を意味する。マドラサの敷地内には、マドラサ・モスクを始めとする3つのモスクが建てられている。泥や砂などを固めてできるアドビというレンガで建てられたこれらの建物は、その外観の美しさもさることながら、建築技術そのものが高く評価されている。

 

トンブクトゥは、サハラ砂漠を通過する交易ルートの中継地として存在価値を発揮し、ここでは塩や象牙、奴隷、金の取引が行われた。現在行われる交易の規模は縮小したものの、当時は、「黄金」の町としても知られていた。

西アフリカ、マリのトンブクトゥ(ENGLISH)

3. テーブル・マウンテンTable Mountain, Cape Town, South Africa

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

海の上空から見たテーブル・マウンテンとケープタウン via The Zambezian

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

ケープタウンのシンボル、夕日に輝くテーブル・マウンテン via Agu Blogosphere

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボートまるで天から地上を見下ろしているかのような眺め via Places to See in Your Lifetime

 

【Table Mountain】


南アフリカ、ケープタウンの町並みを見下ろすように堂々とそびえ立つのが、テーブル・マウンテン。登頂がまるでテーブルのように平な形状をしていることから、テーブル・マウンテンという名前がつけられた。この面の全長は、3kmにも及ぶ。東にはデビルズ・ヒル、西にはライオンズ・ヘッドがあり、その全貌は、巨大なライオンの姿にも例えられる。

 

頂上へは、十数人の乗客を収容する巨大なロープウェイで上がることができる。そこに自生する美しい植物は国立公園の一部として保護されており、散歩するにはうってつけ。テーブル・マウンテンの南部は、大陸の先端に向かって伸びており、ここから海の方を向くと、弧を画く水平線を見ることができる。また、市内を見下ろした時の眺めは、南アフリカでも随一の絶景。

4. シンドゥーの峰Sindou Peaks, Sindou, Burkina Faso

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボートシンドゥーの奇岩 via Maier&Maier Photography
ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

不思議な形をしたシンドゥーの地形はどこまでも続く via Chad & Tina Peace Out

 

【Sindou Peaks】


西アフリカのブルキナファソ南西部に位置する町バンフォラ。この町の近郊で見ることができるのが、空に伸びるような形をした不思議な岩の景色、シンドゥーの峰。この地は、ハイキングをする人々の間で人気を博しており、メディア等で取り上げられる機会こそ少ないものの、絶景スポットとしての高い評価を得ている。

 

アクセスは悪く、バンフォラやシンドゥーの町からバイク等をレンタルして移動しなければならない分、観光地化していない広大な自然が保持されている。

5. ヴィクトリアの滝Victoria Falls, Tanzania & Zimbabwe

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

ヴィクトリアの滝にかかる虹  by Shunya Ohira

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

ヴィクトリアの滝を川上から見下ろす by Shunya Ohira

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

夕日とヴィクトリアの滝 by Shunya Ohira

 

【Victoria Falls】


ヴィクトリアの滝は、南部アフリカ、ジンバブエとザンビアの国境にある巨大な滝で、世界三大瀑布の一つにも数えられている。この滝の広さ(1708m)と高さ(108m)から、世界で最も大きな面積の滝とされる。アメリカのナイアガラの滝も巨大なことで有名だが、ヴィクトリアの滝は、それのほぼ二倍の高さを誇る。

 

水の流れ落ちる渓谷となっている部分は、大きく分けて6カ所。ヴィクトリアの滝への入り口から入ると、小道が続いており、順番にその姿を見ることができる。道沿いには成人男性の腹部ほどの高さの小さな柵があり、その柵越しに眺める滝の迫力は圧巻(柵が無く、足を投げ出して座れるような場所はいくらでもあるので、注意が必要)。入り口からの道で、一番最初に視界に入る滝は、近づくとまるで水が下から上に昇っているような印象を受けるが、これは、水しぶきが水蒸気となって舞っているため。

 

奥に進むと、ヴィクトリアの滝の源流が見つかる。靴を脱ぎ裸足で、川の中を進んで行くと、滝が流れ落ちる様子を上から見られるポイントにたどり着く。そこから見下ろすヴィクトリアの滝は、絶景以外の何物でもない。

6. チョベ国立公園Chobe National Park, Botswana

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

チョベ国立公園で頻繁に目にすることができるゾウ by Shunya Ohira

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボートチョベ国立公園内の川を渡る三匹のゾウ by Shunya Ohira
ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

早朝のチョベ国立公園で草を食むインパラの群れ by Shunya Ohira

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

独特な威圧感を放つライオン by Shunya Ohira

ペラージェ諸島の、宙に浮いているようなボート

夕日に染まるアフリカの大地とゾウ by Shunya Ohira

 

【Chobe National Park】


アフリカ南部、ボツワナの北部に位置するチョベ国立公園は、アフリカでも有数のサファリ観光のポイントとして知られている。チョベ国立公園内の移動は、専用の車両で行い、草原や川沿いを走ることで野生の動物に出会うことができる。イボイノシシやキリン、ライオン、運がいい人は、ヒョウを見ることも。川をボートで進むと、ワニや、水を飲みに集まるゾウの大群に遭遇でき、ここを訪れる人に自然の偉大さを教えてくれる。広大な自然と力強い動物、さらに夕暮れ時の情景を感じずにアフリカを語ることはできない。

“アフリカいいね”と思ったら・・・Like!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい記事のピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



HOME



TARVEL TIPS



PLACES TO SEE



WORLD NEWS



PROFILE

YOSO-Walkの公式Facebookページ

“Facebook経由で最新記事がお読み頂けます。アップデートを簡単にチェックしたい人にオススメです。”

YOSO-Walk代表

YOSO-Walk代表:Shunya Ohira(Google+)

  • Baker
  • Blogger
  • Investor
  • Merchant
  • Travel Hacker

・・・プロフィールの続き

follow us in feedly

オトクな情報

“Twitterでは、海外のニュース、起業目線のビジネス、暮らしを快適にするちょっとしたネタなどをつぶやいています。”


絶対訪れたい旅の目的地・・・素晴らしい旅の目的地が盛りだくさん。

 

海外旅行のあれこれ・・・海外旅行をする上でのノウハウなどをまとめています。

 

海外の気になる話題・・・海外で起きている興味深い話題を扱います。

 

関連サイト・・・YOSO-Walkの姉妹サイトや、他の旅を愛する方々のサイトを紹介しています。

 

CONTACT・・・お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

PROFILE・・・YOSO-Walk代表のプロフィールです。