Tue

25

Nov

2014

サハラ砂漠がアマゾン存亡を担っているなんて・・・砂漠に秘められたパワーに驚嘆!!

【INTRODUCTION】

サハラ砂漠といえば、皆さんご存知、巨大な砂漠です。「サハラ砂漠・・・アフリカにあるでかい砂漠でしょ?」というのがほとんどの人の感覚だと思います。中には・・・アフリカにあるという事実を知らないという人も・・・?今日は、サハラ砂漠の砂に思いを馳せてみましょう。今まで考えたことがありますか?サハラ砂漠の砂について。

Atlas Desert Trek
Atlas Desert Trek

 

知的好奇を満たす旅の始めは、こんな一節から始まります。


“アマゾンの生態系は、はるか離れたサハラ砂漠に負うところが大きかったのだ。”

 

どうでしょう?面白くありませんか?サハラ砂漠が、アマゾンの生態系を支えているということです。興味深いですね!

 

この文章は岩波新書『キリマンジャロの雪が消えていく』からの引用です。サハラ砂漠があるのはアフリカ。アマゾンがあるのは南米。この両者の間にしっかりとした繋がりがあると考えるだけで・・・もう気になって眠れませんね。

 

アマゾンの栄養が足りない?


まずは、基本的なアマゾンの仕組みを見てみましょう。


アマゾンの熱帯林では、栄養が循環するような仕組みが出来ています。枯れ葉は地面へと落ち、土や動物がそれを分解し・・・という具合です。素晴らしい世界が広がっています。そんな熱帯林の中を流れるのが、かの有名なアマゾン川。このアマゾン川はブラジルや、その他周辺国を流れて、最終的に大西洋へと到達します。この巨大な川があることで、熱帯林の中で循環するはずの栄養が少しだけ流れだすのです。


サハラ砂漠の砂がヒーロー?


95%の栄養は、熱帯林内で循環していると言われています。少しだけ外へ外へと放出されているということですね。これが継続していくと、栄養が足りなくなってしまいます。さあ、どうしましょう?


そ こで活躍するのがサハラ砂漠の砂です。決して本人(砂)にその気があるわけではないのでしょうが・・・素晴らしい活躍を見せてくれます。サハラ砂漠から風 に乗って、アマゾンへ届けられる砂の量は、毎年1ヘクタールあたり1120グラムほどにもなります。そこには、アマゾンが失う栄養が含まれているとのことです。(オランダ王立研究所)


サハラはミネラルの宝庫だった?


BBCのこんな記事を発見しました。題名は「命を授ける砂」です。


サハラ砂漠のイメージといえば、もっと乾いていて、不毛の地で・・・正反対の情景を連想させますが・・・。


なんと、その記事内で言われているのは・・・サハラ砂漠の砂内に含まれるミネラルの存在!サハラの砂には、ミネラルが蓄積されているというのです。かつて、その地域はより肥沃なものでした。その時代には動植物が暮らし、農業まで行なわれていました。時は流れ現在になっても、当時からのミネラルが未だに砂の中に残存しているのです。


面白いですねー。地球の神秘!





HOME



TARVEL TIPS



PLACES TO SEE



WORLD NEWS



PROFILE

YOSO-Walkの公式Facebookページ

“Facebook経由で最新記事がお読み頂けます。アップデートを簡単にチェックしたい人にオススメです。”

YOSO-Walk代表

YOSO-Walk代表:Shunya Ohira(Google+)

  • Baker
  • Blogger
  • Investor
  • Merchant
  • Travel Hacker

・・・プロフィールの続き

follow us in feedly

オトクな情報

“Twitterでは、海外のニュース、起業目線のビジネス、暮らしを快適にするちょっとしたネタなどをつぶやいています。”


絶対訪れたい旅の目的地・・・素晴らしい旅の目的地が盛りだくさん。

 

海外旅行のあれこれ・・・海外旅行をする上でのノウハウなどをまとめています。

 

海外の気になる話題・・・海外で起きている興味深い話題を扱います。

 

関連サイト・・・YOSO-Walkの姉妹サイトや、他の旅を愛する方々のサイトを紹介しています。

 

CONTACT・・・お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

PROFILE・・・YOSO-Walk代表のプロフィールです。